待つほどに、心豊かに…。

日本酒のストーリーです。

まるで、かの国の
ボジョレー・ヌーヴォーを
彷彿とさせるような。

でも、こちらの方が
古いのです。

そんな世界へタイム・トラベル。
落語風です。



新酒の季節は杉玉色で

どうも、ありがとうございます。
お忙しいのに、こんなページに来ちゃって。

これも日頃の行いが悪いから。
スパッと諦めて、読んで笑ってください。

これからお酒の話をしようと思っています。呑むのは楽しいなぁ、なアレでございます。

えぇ、あらためて思い返しますと、お酒というのは大変有難いもので、飲むと気持ちがほぐれてまいります。厳(いか)めしい顔をなさっていた御仁も、気難しそうだった淑女も、いつの間にやら笑顔になって。

この力を古(いにしえ)の方は能(よ)く心得ていたんでしょうね。正月や結婚式の祝い酒、桜が咲けば花見酒、夏が来れば花火酒。そんなのあったけ?は気にしないで進みますよ! とにかく、楽しい時にはお酒が付くようになりました。

江戸時代の宴の風景です。畳敷きの広間に、朱色の漆膳が並びます。膳には椀が3つ。皿1つ。手前に酒器。徳利です。空の食器を見るだけで、めでたい気分になってきます。矢嶋ストーリー.tokyo作品「新酒の季節は杉玉色で」(矢嶋 剛・著)の作品イメージ写真1です。



そんな楽しい伝統が美味しいものと一緒になってやって来るもんですから、お酒を飲む楽しみはどんどん大きくなっていきます。

下司な想像もどんどん膨らんでまいります。

たとえばラーメン屋に入って、とりあえず餃子一枚頼んで、程よく焼けたヤツが出てくる…なんて想像しますと、もう大変です。

冷えたビールで頭がいっぱい(笑)

もうちょっと高級なところだと、刺身なんかを思い浮かべます。すると、やはりお酒が…

こんなときは日本酒ですかね?

みなさん、これは想像ですよ。あくまで想像。とこまで行っても夢・幻。

ですけど、山葵のツンや醤油の香りが勝手に頭でグルグル回り出すんです。
で悩んじゃう。

「今宵は冷(ひや)? それとも燗?」
なんてね。

馬鹿ですね~ 我ながら。でも、こんな時間が一番の贅沢かもしれませんね。
なんて馬鹿馬鹿しいお噺を1つ。

お酒が好き。なかでも日本酒を愛する方は、ワインのなんとかヌーヴォーじゃありませんが、季節初めに出来る酒、新酒ってやつを殊のほか楽しみにされております。

この心持ち、その方がたくさん召し上がるとか、ときどき虎に…とは少し違うようで。

と申しますのも、出来立て搾り立ての新酒というやつは、なんとも言えぬ香りがします。

フワ~と来ます。あのフワ~がいとも簡単に多くの方を虜にしてしまうんですね。

そんな新酒を楽しみに待つ若い大工が本日の主役。名を熊吉と申します。

テッ…っていう口の悪い熊じゃありません。
ありゃアメリカ。こっちは日本。とある城下でのお話です。時(とき)は江戸、暮れ、師走。エトセトラ、エトセトラ。

その熊吉、今朝も天下の往来を元気に現場へと向かっております。

「おぉ寒い、年の瀬だぁ」とか言いながら、この大路を歩いて二カ月余り。秋から始まったお屋敷の手直しもあと一息。いただく手間賃で、のんびり年を越せそうです。

そんな熊吉、ある店の前で足を止めます。造り酒屋です。酒を醸(かも)す所です。

早朝ですから店は閉まっています。仕事前に一杯引っかける熊吉ではないし…

では何が目当てか?と申しますと、軒先の、頭上に飾られた立派な杉玉。そいつを眺めたくて、熊吉は足を止めるのです。杉玉、こんな姿をしています(下の写真)

雨除け軒の付いた立派な杉玉でしょ!鳥取県智頭町で作っていただきました。著者・矢嶋 剛のmy杉玉です。日本のマーケティングの豊かさのシンボルとして、仕事場に飾っています。矢嶋ストーリー.tokyo作品「新酒の季節は杉玉色で」(矢嶋 剛・著)のタイトル画像パート2です。



実はこれ、myボールならぬmy杉玉。鳥取県智頭(ちづ)の産…なんて話は置いといて…。

この杉玉、歴史的な街並み、江戸情緒や小京都で売る観光地でよく見かけます。日本酒専門で売る居酒屋でも目にします。ねっ、そこのお父さん!

とフザけながら、ご一緒に頭をひねってみたいんですが、この杉玉、何のために飾るんでしょう? 美味しい酒、あるよ~って看板?

はい、ご推察の通りでして、現代では、旨いお酒が「あるよ!」って意味合いで飲み屋さんや酒屋さんにずぅ~と飾られています。看板みたいに。

でも本来は違うんだそうです。
「ただ今、お酒を準備中」「仕込み中」「もうすぐ出来ます」ってメッセージを伝えるために造り酒屋が店の前に飾ったのが元々。えぇ、造り酒屋さんでは今でも続けていらっしゃいますね。

熊吉も実は、そのメッセージを杉玉に感じていたんです。再び、熊吉のお話。

毎朝、杉玉を見上げては「もうすぐ、もうすぐ」と笑みがこぼれる熊吉でありました。

何が嬉しいって、杉玉色がこげ茶色、枯れ草色になっていく。これが嬉しくて堪らない。

「ほんのふた月前、青かったよなぁ」

熊吉、思い返します。
切ったばかりの葉がまだ青々としていた杉玉。その杉玉が造り酒屋の軒に飾られ…。

その様子を眺めながら、店の番頭さんと「今年もいよいよですね~」と軽口を叩いて。

そんな記憶が熊吉の頭をよぎります。

「ええ、杜氏(とうじ)が今年もよい酒をつくってくれるでしょう。酒米(さかまい)の出来も上々。仕込み終えたらぜひ一献」

商売上手な番頭さんが言う事ですから本当かどうかはわかりませんが、米の刈り入れが終わり、手の空いた農家の面々が家で杉玉をせっせとこしらえる。それを街に売りに来る頃には杜氏も蔵入り。今季はじめての酒の仕込みが始まります。

それだけは間違いのない話。なにせ毎年の決まり事、年中行事ですから。

「あとは杉玉の色を見るんだ」

老大工の八っさん、そう教えてくれました。

「なぁ、あの杉玉は飾り初めには未だ青いんだ。夏の葉の色そのままだ。だけどな、だんだん水っ気がなくなって、三(み)月で、すっかり枯れて。この頃、酒も出来上がっている。そういう寸法なのさ」

「だから、今日の杉玉色を~」

見上げては「また少し!」
って想う熊吉でありました。

日々の違いが? なんて野暮はなし! 熊吉には見えるんです。杉玉が「新酒は、もうすぐ、もうすぐ」と語り掛けているように思えるんです。
これはもう、一つの幸せ!(^^)

ついでながら申し上げますと、熊吉には新酒が飲める!の他に、もう一つ楽しみがありまして…。

新酒を樽で買う。それを気の合う仲間とワイワイやる。そんな心づもりをしています。

実は新酒が出来たら二斗樽、一升瓶で二十本入る樽に詰めて買う。そんな約束を、先ほどの商売上手な番頭さんと交わしています。

すでにお代も払い済み。後は飲む当日に集まった仲間からぼちぼち銭を集める算段。

儲けようとかじゃなくて、ただ仲間と気分よく、ぱ~っと盛り上がろうと思っています。

ところで、樽でお酒を買うと、オマケがついてくるのをご存知ですか?

そうです。杉の香りっていうオマケです。

樽の材、杉の板に含まれる、あの爽やかな香りが、出来立ての新酒のフワ~と、この…樽の中で程よく混ざり…。

これが鏡開き、樽の蓋(ふた)をパカ~ンと開けるお目出度い瞬間を迎えますと、辺りはもう、フワッ、フワ~、杉もフワワ~。
芳しい香りでいっぱいになります。

こんな事を申し上げますと、日本酒はチョットな…方、首を傾げたりなさいますが、それは良いものですよ!

どこかで鏡開きに遭遇したら、勇気を出して近づいてみてください。

ついでにもう一つ申し上げますと、お酒を樽で買うと、あれ、付けてくれるんです。
切り立ての杉の一合枡です。その枡へ樽から新酒を、こんな感じで注ぎますと…

切り立ての杉板を使った一合升に日本酒を注いだところ。杉の薫りと酒の香りが1つに混ざりあう瞬間は最高です。この楽しみ、新酒なら尚更。日本酒っていいなぁ~。矢嶋ストーリー.tokyo作品「新酒の季節は杉玉色で」(矢嶋 剛・著)のタイトル画像パート3です。



「あぁこれが、杉玉を日に日に見上げた…」

後日、熊吉、思ったそうで。

なんともいえぬ、幸せな時間。
杉玉、なかなかやりますね。(お仕舞い)

あとがき

江戸時代のマーケティングを
ご紹介しました。

 熊吉の心旅(こころたび、
 カスタマー・ジャーニー)、
 いかがでしたか?
 
  杉玉とお客様の
  コミュニケーション、
  見習いたいですね。

     矢嶋ストーリー.tokyo